学習コース

英語力テスト
(オックスフォード・プレイスメント・テスト)

当校の留学では、英語教育機関最大手が運営するテストの受講が可能。そのため、効果的なカリキュラムで学習できます。
また、留学の成果を数値で測定し、帰国後の「継続学習」に備えることができます。(テスト費用は別途要)

  • 日本英語力
    テスト受講
  • 留学
    開始
    カリキュラムの学習テスト結果に基づく
    レベルに合ったカリキュラム
  • 留学
    最終日
    英語力
    テスト受講

より速く、より正確に

  • ・オンラインテストのため、学校や家など、好きな場所で受験ができます。
  • ・自動採点システムで即時に結果が分かります。
  • ・採点結果は、CEFRレベル(Pre-A1~C2)、120点満点中の得点、解答に要した時間、など様々な形式で表示されます。

テスト内容

オックスフォード・プレイスメント・テストは、Use of EnglishセクションとListeningセクションの2つのパートに分かれています。Use of Englishセクションでは文法の知識やボキャブラリー能力を、そしてListeningセクションではリスニングスキルを判定します。また、両方のセクションで、会話の内容をどのぐらい理解できているかをテストする項目があります。

自宅での受験に最適

リモート環境で学習をしている生徒の語学力診断に最適なツールです。生徒用に受験方法のガイドをご用意しておりますので、安心して取り組んでいただけます。

CEFR(セファール)
とは

言語の運用能力を客観的に評価するために世界中で使われている共通指標

CEFRのレベル

CEFRレベル TOEICスコア    
C1 945〜 いろいろな種類の高度な内容のかなり長い文章を理解することができ、含意を理解できる。
B2 785〜 自分の専門分野の技術的な議論も含めて、抽象的かつ具体的な話題の複雑な文章の主要な内容を理解できる。
B1 550〜 仕事、学校、娯楽で普段出会うような身近な話題について、標準的な話し方であれば主要点を理解できる。
A2 225〜 ごく基本的な個人的情報や、直接的関係がある領域に関する、よく使われる文や表現が理解できる。
A1 125〜 よく使われる日常的表現と基本的な言い回しは理解出来る。

各種テストとの関係性

各種テストとの関係性

各テスト開発機関は、各テストとCEFRの
関連性について調査公表しています。

学習コース

留学は、生徒の希望に合わせてカリキュラムはすべてオーダーメイド!
いくつかの学習コース例をご紹介いたします。

基礎力強化コース「文法」

学習目的
基礎の文法と自然な会話力を同時に鍛える。

初級は、世界的ベストセラー BASIC GRAMMAR IN USEの日本語版「マーフィーのケンブリッジ英文法」※、準中級以上は、ENGLISH GRAMMAR IN USE(英語版)を使って、土台となる文法で「基礎力」を鍛えます。

単語だけを覚えていても、それらを正しい語順で並べて使えることができなければ、自分の言いたいことを正確に表現することはできません。

この1冊で、「聞く・読む・話す・書く」の4技能をマスターすることができます。

※講師は、英語版を使用します。

使用教材入門/初級:[マーフィのケンブリッジ英文法]
準中級以上:「ENGLISH GRAMMAR IN USE 第5版」
(市販教材)

その他の強化コース

ご紹介以外にも、インプットとアウトプットに強化した
プログラムをたくさん取り揃えております。

  • ・ 句動詞・慣用句・イディオム
  • ・ 表現とフレーズ
  • ・ トラベル英会話
  • ・ 電話対応英会話
  • ・ おもてなし英語
  • ・ おもてなし英語

など・・

詳しくは、カスタマーサポートまでお問い合わせください。

PAGE TOP